防火設備検査

防火設備検査

定期調査・検査報告の資格者制度が変わります。

皆さんもご存知のとおり、ニュースなどで老人ホームや安価な宿、雑貨ビルなどを中心に、悲惨な火災事故が度々報道されていますが、そうした報道の中で必ず指摘されるのが防火設備の不備です。

火災の際、防火設備が動作しなかったことにより死傷者の数が増えたと考えられる事例も多々あり、そうした中で建築基準法が一部改正され、今回新たに防火設備に特化した専門資格として定められたのがこの防火設備検査員です。

平成28年6月改正予定の見直し内容についての最新情報が、一般財団法人 日本建築防災協会より発信されています。ご覧ください。詳しくはこちら

 

お問合せ