スモクローザーの取替を行いました

今回はスモクローザーの取替です。
ドアーチェックが感知器で連動作動するので、扉と防災信号をまとめて修理できる業者はお客さんからすれば費用も抑えられて便利なんだとか。

 

まずは扉の修理から取り掛かります

扉を外しているところ

 

扉の吊元軸部分で擦れて閉鎖不良でしたがこの日は扉の下部の高さ調整で収まりました。

 

閉鎖不良が解消されたところで
次に作動不良の機器を取り外していきます。

 

信号線の結線と新しいききの取り付け

結構古い機器なのですが、まだ生産されてるタイプなので難なく取替を終えることが出来ました。

 

閉鎖と開放の調整を行います。
扉を開けっ放しにするときカチッとロックが掛かるところです。

 

最後に受信盤からの防災信号で作動試験を行います 。

作動ヨシ!

 

防火設備検査の影響で扉の修理依頼も増えてます。
お見積り相談無料で承ります。

パーマリンク