防火設備検査

平成28年6月建築基準法改正法の施工により、防火設備の定期検査・検査報告が義務化されました。実際に起きた火災事故がきっかけになりました

新聞記事

クリックで拡大します

福岡市整形外科医院火災
平成25年10月福岡市内の整形外科医院で火災事故が発生しました。
この火災では、院内にいた18人のうち、10人の死亡者を出してしまいました。

被害が拡大した原因
1. 防火戸の感知装置が旧式のまま放置されていた
2. 建物増築部の防火戸が未設置だった
3. 排煙設備が未設置だった

防火設備は私たちの命を守る安全装置です

 

法の改正で防火設備の定期的な検査・報告が義務付けられました報告が必要な対象物件

クリックで拡大します

※上の表は大阪府内の定期報告物件と報告時期です。
※大阪府以外の定期報告物件と報告時期は各行政庁のホームページをご覧ください。

お困りではありませんか?
・どの検査業者に依頼してよいのか分からない!
・消防設備点検は実施しているがシャッター等は点検していない!
・防災関係の業者とシャッター業者を取りまとめるのが面倒!
・そもそも該当している建物に検査義務があるのか分からない!

多数の実績がある弊社にお任せください法律、点検、調査、検査、施工の各スペシャリストが的確に回答致します

まかせて安心なポイント
調整・周知・一括対応奥村商会では、防火設備の点検だけでなく、調整・修理も行っていますので、別業者を通すことなく、一括でスムーズに対応が可能です。お困りごとがあればなんでもご相談ください。


sekoushasin1
修理工事例
sekoushasin2
sonotasekou

実績エリア
関西圏中心に展開しています。
その他地域へも伺いますので、お気軽にご連絡ください。

実績エリア

お困りごとがあれば奥村商会まで

お問合せ