ブログアーカイブ

シャッター中継機の取り換え工事を行いました。

今回は大阪府内にある教育施設のシャッター中継機の取り換え工事を行いました。
作業内容としてはシャッター制御盤と自動閉鎖装置を取り替えました。

001

シャッター制御盤の不良です。
原因は落雷による基盤の損傷とみられます。

 

002

基盤を確認したところ、電源のスイッチまでは電圧を確認できました。
しかし基盤の破損によりまったく動かない状態でした。

 

既設の制御盤を取り外し中

 

 

左 (新)  ・  右 (旧)

最新の機器は異常を知らせるエラー表示が付いてました。

 

左 (新)  ・  右 (旧)

自動閉鎖装置も取り替えました。

 

新規取付と結線。防災屋さんの出番です。

 

リミットと危害防止装置の調整を行なっています。

 

作業後、作動試験を実施しました。

動作良好!

シャッター中継機の取り換え工事を行いました。 はコメントを受け付けていません。

防火設備検査を行いました

今回は大阪市内にある教育施設の防火設備検査を行いました。
防火扉と防火シャッターの検査です。
弊社では検査時に見つけた軽微な不良であればその場で調整を行います。

防火扉1

煙感知器から連動で扉が閉まるか検査をします。

 

防火扉2

扉が閉まるまでの時間を測定

 

防火扉3

閉まる速度が早かったので調整を行いました

 

防火扉4

閉鎖力を測定しています

 

防火シャッター1

続いて防火シャッターの検査です。
こちらも感知器連動で試験を行います。

 

防火シャッター2

シャッターが閉まるまでの時間を測定しています

 

防火シャッター3

時間は問題なかったのですが、金属音が酷かったので中を調べました

 

防火シャッター4

金属音の原因はスラットとブラケットが擦れていたことだと判明

 

防火シャッター5

シャッター専用の潤滑油をさしたことで金属音が解消しました

 

防火シャッター7

以上で防火設備検査を終えました。

すぐに直せない故障や不良については、改善提案や修理に掛かるコストなどの相談・見積を承っております。

防火設備検査を行いました はコメントを受け付けていません。

水圧開放シャッター工事

今回は高槻市にある倉庫のシャッター修理工事です。

 

不作動の原因とみられる老朽化が進んだ防火シャッターの開閉装置を取替えます。

調査の時分かったのですが、シャッターの検査ボックスに見慣れない配管を発見しました。

resize0653

火災時の際、消防隊が進入するための水圧開閉装置が付与されたシャッターということがわかりました。

 

 

配管を追っていくと外部に送水口を発見。

開閉機取替えの後、実際にここから水を送り、動作試験をしてみたいと思います。

 

 

シャッターの機器取替と配管工事を行います。

 

 

シャッター検査ボックス内部の整備と清掃中(なんと鳥の巣がありました)。

 

 

無事、機器の取替えが終了し、火災時を想定した連動試験は良好。

 

 

通常の作動試験が終り、次はポンプ車の登場です。

送水して水圧開放装置の動作試験を実施します。

ポンプ車を用いた試験に緊張しましたが、無事動作を確認しました。

resize0656

 

比較的珍しい工事を終えて、大きな倉庫なので防災という感覚にも余念がないな、と感じました。

消防設備全般に言えることですが、万が一の備えは大事ですね。

 

水圧開放シャッター工事 はコメントを受け付けていません。

ギロチンシャッター修理工事

今回は地下駐車場のパネル式シャッターの修理工事です。

感知器が働くと自重でシャッターが落ちる仕掛けになっています。

俗に言うギロチンシャッターです。

不作動とシャッターが落ちると上がらない=復帰できない状態でした。

dscn2091_r

 

 

作動する機器は天井内にあるので

天井に上り込み作業が出来るように、まずは点検口を作ります。

img_3090_r

 

 

開口しました。

後の点検作業にも役立ちます。

img_3095_r

 

 

天井内にはパネルを吊っているワイヤーと滑車がありました。

経年劣化が原因でスムーズに動きません。

パーツを交換しました。

dscn2093_r

 

 

既存の運用は火災が発生して感知器が働かないと

作動しない仕掛けでした。

そこで有事の際に手動でも起動できるように起動装置を設置することにしました。

dscn2104_r

 

 

手動起動装置で起動と巻取りが出来るようになりました。

今までは手で持ち上げてシャッターを復帰していたのを考えると(けっこう重たい)

修理と同時にメンテナンス性も良くなり、一石二鳥といえます。

dscn2107_r

 

 

フェイスを取付けて修理を完了しました。

dscn2113_r

 

 

最後に作動試験。

スムーズな動作に加え、降下スピードも緩やかに調整しました。

ギロチンシャッター修理工事 はコメントを受け付けていません。

某ビル シャッター(開閉機・自動閉鎖装置取替)作業の事例紹介

某ビル
シャッター(開閉機・自動閉鎖装置取替)の事例紹介です。

1.【施工前】作業前(不作動)
2.【施工中】作業中(開閉機・自動閉鎖装置撤去)
3.【施工中】新旧開閉機・自動閉鎖装置(左、新 右、旧)
※開閉機、鈴木SS・LS-SG1524CL-4P
※自動閉鎖装置、三和SS・ERS-400
4.【施工後】作業後(新設取替、テスト時、作動良好)

↓クリックすると写真が拡大されます。
(スマホ・タブレットの場合は拡大後ダブルタップしてください。)

某ビル シャッター(開閉機・自動閉鎖装置取替)作業の事例紹介 はコメントを受け付けていません。