定期調査

定期調査

アイコン多くの犠牲者を出した建築物事故のほとんどは、定期報告が行われていないなど維持管理が不適切でした。維持保全を適正に行われない所有者・管理者は罰せられることがあります。

 

3年に1回建築物の維持保全を適正に実施することは、思わぬ事故を防ぎ、地震や火災等の災害時の被害を軽減したり、建築物の寿命を長持ちさせることに繋がります。 定期調査の対象範囲

特殊建築物等の定期調査の時期がきましたら、
奥村商会までお気軽にご相談ください!

 

お問合せ