大阪市内商業ビルのシャッターを修理しました

今回はシャッターの修理依頼です。
開閉器を取り替えると同時に、現行の建築基準法に適合する
ように挟まれ防止の危害防止装置も取り付けました。

場所は地下鉄西梅田に隣接していたため、工事は深夜からの
スタートです。

 

まずは電気関係の線を一時外します。
ごちゃごちゃした配線だらけで何が何やら分かりにくかったです。
古い設備ということ、駅に隣接しているということが更に難易度を
上げる要因に・・・

 

今回の開閉器取替にあたり、一部スペース的な問題が浮上。
右にあった開閉器は左に移すことにしました。

 

右から左に、と簡単に書きましたが、実はこれが手間が掛かる
工事へと発展しました。
シャッターの軸(シャフト)の取替です。
3人で持ち上げましたが、シャッターの大きさを考えると
意外と軽いかも?って感じでした。

 

今回のメインの目的である危害防止装置の取り付け。
軽くシャッター下部の座板を叩くと緊急停止するんですね。

ここまで所要時間5時間ほど。
始発電車の関係で初日の作業はここまで。

 

工事2日目。
この日は主に、機器に電線をつないでいく作業です。

 

あれだけごちゃついていた線がスッキリしました。
ついでに前のブレーカー類も撤去。

 

難しそうな配線でした。

 

端子盤と中継機を並べて結線が完了。

 

作動試験の様子。
動作ヨシ! 始発前作業完了ヨシ!

シャッターの修理、検査業務の見積り承っております。

パーマリンク