建築設備定期検査

今回は建築設備定期検査の様子を簡単では御座いますがお伝えします。

建築基準法第12条第3項によれば、民間建築物のうち特定行政庁が指定する建築設備(換気設備、排煙設備、非常用照明、給水設備及び排水設備)の安全確保のための検査を定期的に行い、それを特定行政庁へ報告しなければならないことになっている。Wikipediaより

 

非常用の照明装置
画像はいわゆる非常照明の検査です。
バッテリーのチェック、点灯確認や照度は既定値以上か見て回ります。
照明ということもあり、夜のほうが検査しやすかったりする場合もあります。

 

不点灯箇所を発見しました。
球切れかな?バッテリー劣化かな?
調べて取替や修理の提案もさせていただきます。

 

排煙設備
画像は排煙口の検査を行ってるところ。

ご安心ください。こちらも不具合があれば取替、修理の提案いたします。

 

換気設備
画像は換気フードの風量測定。

 

無窓居室の二酸化炭素測定

換気が悪いと仕事に集中できなくなるんだとか。

 

防火ダンパーも同時に検査しました。
ヒューズの状況や閉鎖はスムーズか見てます。
もちろんこれも不具合があれば取替、修理の提案させていただきます!

検査 修理等のお問い合わせはこちらから

パーマリンク